MENU

PS Plusのアップグレードについて

(スポンサーリンク)

神風のヒロ

PS Plusの「アップグレード」は、下位プランから上位プランへの移行を考えてる人にはお得なシステムだよ!

アイキャッチでもある上記画像はPlayStation.Blogより|SONY

(この記事で引用されていない画像はプレイステーション5のホーム画面の画像です)

下記の記事ではPS Plusについてと、3つの月額プランについて詳しく解説しました。

PS Plusで「エッセンシャル」や「エクストラ」のプランに加入してると、上位プランへと変更(アップグレード)したくなりませんか?

上位プランへの変更はPS4やPS5、もしくこちらのWebサイトでPSNにサインインすればから割と簡単にできます。

管理人も元々はエッセンシャルプランだったのですが、やはり「エクストラ」のゲームカタログに魅力を感じました。

アップグレードを利用すると、下位プランからでも試すことができる上に少しでも安く上位プランへと変更できたりもします。

PS Plusのアップグレードの要約
  • 上位プランの特典が利用できる。
  • お試しで下位プランで加入した後にいつでも上位プランへ変更できる。
  • 少しでも安く上位プランが利用できる。
  • エッセンシャルプランで有効期限が2年分以上あると、アップグレードの費用が高額になる。
  • PS Plusの新規加入時セールよりもアップグレード時セールの方が多い?
神風のヒロ

PS Plusの上位プランへのアップグレードについて解説していくよ!

(スポンサーリンク)

目次

PS Plusのアップグレードとは?

PS Plusのアップグレードは、現在加入しているプランから上位プランへと変更できます。

「エッセンシャル」から「エクストラ」か「プレミアム」、「エクストラ」から「プレミアム」への変更ができます。

それと、現状は「プレミアム」が一番上のプランなので、「プレミアム」からのアップグレードはできません。

PS Plusのアップグレードのメリットとは?

PS Plusのアップグレードにはメリットがいくつかあります。

上位プランの特典が利用できる

まず、当然ですが、上位プランへとアップグレードをすると、上位プランの特典が利用できるようになります。

お試しで下位プランで加入した後にいつでも上位プランへ変更できる

とりあえず「エッセンシャル」でPS Plusに加入して、「毎月のフリープレイ」や「オンラインマルチプレイ」などである程度遊んでみるのもいいと思います。

その後に、「エクストラ」にアップグレードしての「ゲームカタログ」で色んなゲームをやってみるのもいいです。

逆に「エッセンシャルで充分だ!」って人はアップグレードしないでそのままでもいいですね

オサムちゃん

アップグレードはいつでもできるので、まずは下位プランで入って色々試してみた後にアップグレードするかどうか決めてもいいんじゃないかな?

少しでも安く上位プランが利用できる

少しでも安く上位プランが利用できるとは、どういうことなのか?

上記画像はPlayStation.Blogより|SONY

ここから後の内容は2023年9月5日までの内容で、翌日からは12ヶ月プランが大幅な値上がりとなりました。

ただ、恐らく仕組み(計算式)は変わっていないはずなので、もし変わっていたらコメントなどで指摘してもらえると助かります。

アップグレード費用は、「(上位プランの日割り値段×現プラン残り日数)ー(現プランの日割り値段×現プランの残り日数)=アップグレード費用」となります。

例えば「エッセンシャル」のプランで残り331日の加入期間が残っていると仮定します。

その場合、「エクストラ」へのアップグレードだと3144円、「プレミアム」へのアップグレードだと4645円になるようです。

となると、「エッセンシャル」12ヶ月加入は5143円なので、残り331日で「エクストラ」へアップグレードすると合計8287(3144+5143)円(エクストラの12ヶ月加入は8600円)となります。

「プレミアム」だと合計9788(5143+4645)円(プレミアムへの12ヶ月加入は10250円)となります。

少しでも安く上位プランが利用できるというのは、現状のアップグレードのシステムを利用した裏技的な方法によるものです。

オサムちゃん

極端な話、「エッセンシャル」12ヶ月加入で残り1日の加入期間で考えてみよう。

「エクストラ」へのアップグレードは9円か10円、「プレミアム」へのアップグレードは14円か15円になるはずなので、1日だけ「エクストラ」や「プレミアム」の特典を利用するなんてこともできるんじゃないかな?!

上記の計算式は12ヶ月プランの計算です。

なので、1ヶ月や3ヶ月プランだとそれぞれのプランの値段ごとの日割り値段になりそうな気がします。

それと、上記の計算式では小数点が出てくるのですが、小数点の計算がよくわからないので数円から数十円ほど誤差がありそうです。

PS Plusの新規加入時セールよりもアップグレード時セールの方が多い?

これは予想ではありますが、今までの傾向からすると可能性はあると思います。

上記画像はPlayStation.Blogより|SONY

上記のブラックフライデーでは、2022年11月18日から2022年11月28日まで新規加入、延長、アップグレードが25%OFFでした。

オサムちゃん

このセールは3つの月額プランになってからは初めてのPS Plusセールだったから、管理人はこの時に「エッセンシャル」から「エクストラ」へアップグレードしたみたいだね。

その後に、残り加入期間が1年を切っていたから、「エクストラ」12ヶ月分も追加購入もしたみたいだよ!

上記画像はPlayStation.Blogより|SONY

上記のビッグウィンターセールでは、2023年1月6日から2023年1月13日まで、「エクストラ」への新規加入が40%OFFで「プレミアム」への新規加入が33%OFFでした。

それに加えて、エッセンシャル」か「エクストラ」のプランの人は、上位プランへのアップグレードが30%OFFでした。

オサムちゃん

管理人はこの時に、「エクストラ」から「プレミアム」へと30%OFFでアップグレードしたみたいだね!

上記画像はプレイステーション公式より|Twitter

上記のセールでは、2023年3月3日から2023年3月9日まで、PS Plus加入者のみが対象のアップグレード費用が35%OFFだったようです。

このセールだと新規加入と延長に関しては割引されなかったようでした。

PS Plus利用券のセールは2024年6月9日までだと7回行われたようですが、3回目のセールに関してはアップグレードのみがセールの対象でした。

オサムちゃん

この事から、アップグレードのみセール対象になることが今後もあるかもしれないね!

PS Plusのアップグレードのデメリットとは?

PS Plusのアップグレードにはデメリットとしてはいくつかあります。

現プランからのアップグレード費用をすぐに払う必要がある

このデメリットは現プランの有効期限が短いほど少なくなるのですが、もし有効期限が長いと大きいアップグレード費用を払う必要があります。

アップグレード費用は、「(上位プランの日割り値段×現プラン残り日数)ー(現プランの日割り値段×現プランの残り日数)=アップグレード費用」です。

特にセール時にエッセンシャルプランを2年分だったり3年分だったりを買ってたりすると、アップグレード費用での差額がかなり高額になると思います。

オサムちゃん

エッセンシャルプランやエクストラプランに加入している人は、長くても2年分ないぐらいの有効期限にするのがいいんじゃないかな?

自動更新されるようになる

もう一つのデメリットとして、自動更新がされるようになることです。

自動更新については上記の記事で見てほしいのですが、アップグレード時にも自動更新されるように設定されます。

オサムちゃん

すぐに自動更新を切ってしまえば、デメリットではなくなるので、これはそんなに気にする必要はないんじゃないかな。

最後に管理人が思うこと(まとめ)

管理人的には、「今すぐ上位プランのゲームカタログやクラシックカタログがやりたい!」って人以外はまずは「エッセンシャル」でPS Plusに加入した方がいいと思います。

理由としては、現状のアップグレードのシステムだと加入して1日でも過ぎた後にアップグレードすれば、少なくとも数円以上は安くなるからです。

なので、PS Plusに加入するならまずはお試しで「エッセンシャル」に加入するのをオススメします。

ただ、ビッグウィンターセールのようなセール時で12ヶ月利用券の値上がり以前の話ではありますが、エクストラの新規加入だと40%OFFで5143円と普段のエッセンシャルの12ヶ月プランと同じ値段だったようなので、これはかなりお得だったでしょう。

このことから、新規加入の方が割引率は高くなりそうなので、新規加入時のセールの方がお得な可能性もありそうです。

神風のヒロ

そもそもPS Plusセール時の加入やアップグレードがお得なので、基本的にはPS Plusへの加入やアップグレードはセールを待った方がいいよ!

以上、神風のヒロでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次